こんにちは!
和食日和 おさけと のPR担当です。
日本酒は賞味期限がないと言われていますが、本当にいつまで飲めるのでしょうか?
また、美味しく飲める期間を延ばすためにはどのような保存方法が良いのでしょうか?
この記事では、日本酒の飲める期間と保存方法について詳しく解説いたします。

日本酒の賞味期限と保存方法について

日本酒に賞味期限が記載されていない理由

日本酒には賞味期限が記載されていないことが多いのですが、これはアルコール度数が高く長期間の保存が可能
であることや、製造法・品質管理によって味わいや風味が変化するためです。
熟成により味わいが深まることもあれば、酸化によって劣化することもあります。
そのため、賞味期限が一概には決められず、製造年月日や消費期限が目安となります。

日本酒の飲める期間の目安

一般的に未開封の日本酒は製造日から1~2年、開封後は1~2週間、
生酒や無濾過の場合は冷蔵庫で1~2ヶ月が飲める期間の目安ですが、
数年~数十年熟成させることで美味しく飲める日本酒も存在します。
適切な保存方法を守ることで美味しく飲める期間が延びます。

日本酒の適切な保存方法
日本酒の保存には紫外線や光を避けること、高温多湿の環境を避けることが重要です。
また、冷蔵庫での保存が適している日本酒もありますが、上記の条件が揃わない場合は
常温での保存も良いでしょう。特に生酒や開封後の日本酒は冷蔵庫での保存が必須です。

古くなった日本酒の活用法
古くなった日本酒は飲むのを避けるべきですが、炊飯時に加えたり、入浴剤として使用することで活用できます。
日本酒には米の旨味を引き出す効果や殺菌作用があり、
日本酒風呂では血行促進や美肌効果、リラックス効果が期待できます。

いかがでしたでしょうか?
日本酒を美味しく飲める期間を延ばすためにも、適切な保存方法を知っておくことが大切です。
当店”おさけと”では、品質管理に徹底しておりますので、お客様がいつご来店頂いても美味しいお酒を提供できます。
ぜひ、お近くにお越しの際はご利用ください。
スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
※画像はイメージです。

お問い合わせ
ご予約はこちら

ネット予約は24時間受付

店舗情報

【公式】和食日和おさけと神保町

【公式】和食日和おさけと神保町

住所
〒101-0054
東京都千代田区神田錦町3丁目6
五十嵐ビル 1F
アクセス
神保町駅 徒歩3分(半蔵門線/都営三田線/都営新宿線)
竹橋駅 徒歩5分(東西線)
淡路町駅 徒歩7分(丸ノ内線)
新御茶ノ水駅 徒歩7分(千代田線)
JR御茶ノ水駅 徒歩10分(中央線/総武線)
電話番号
050-5448-3336
営業時間
◆ランチ
[月~金]11:30~14:00(L.O.13:30)

◆ディナー
[月~木]17:00~22:30(L.O.21:30)
[金曜日]17:00~23:00 (L.O.22:00)
定休日
土曜・日曜・祝日
決済方法
現金: 可 
クレジットカード ; VISA  マスター  アメックス  DINERS  JCB 
電子マネー ; Suica  iD  QUICKPay 
QRコード決済 ; PayPay